雑誌

住友ゴム工業、新技術『アクティブトレッド』の技術説明会を開催
水、温度をトリガーにゴムの機能を変化する技術

横浜ゴム、プレミアムコンフォートタイヤの新商品『ADVAN dB V553』の発表試乗会を開催
静粛性の進化に加え、摩耗時にも静粛性とウエット性能低下を抑制

ブリヂストン、モータースポーツ60周年の活動総括と、今後の活動について発表
サステナブルなグローバルモータースポーツ活動を強化

住友ゴム工業、筑波サーキットで、新開発タイヤ『SPORT MAXX』におけるタイムアタックを実施
58秒820を記録し、最速ラップを更新


・日本自動車タイヤ協会、2024年賀詞交換会を開催
・住友ゴム工業、トータルフリートマネジメントサービスの実現に向け米・車両故障予知会社「Viaduct」へ出資
・TOYO TIRE、サステナブル素材使用比率90%のコンセプトタイヤを開発
・ブリヂストン、Dow Jones Sustainability World Indexに2年連続で選定
・ブリヂストン、ロシア事業を譲渡完了
・住友ゴム工業、生物多様性保全の課題解決に向けて「TNFD Adopter」に登録
・横浜ゴム、ベトナムの生産販売会社を分社化し新たにタイヤ販売会社を設立
・横浜ゴム、日本カーシェアリング協会へタイヤ寄贈
・ブリヂストン、次世代放射光施設「NanoTerasu」を活用した技術イノベーションを加速


★新商品ハイライト★
①住友ゴム工業/ダンロップ『SPORT MAXX RS』
②住友ゴム工業/ダンロップ『CIK-FIA公認のレーシングカート用タイヤ』
③横浜ゴム『ADVAN dB V553』…29 ④日本ミシュランタイヤ『MICHELIN ANAKEE ROAD』
⑤日本ミシュランタイヤ『MICHELIN POWER 6』『MICHELIN POWER GP2』
⑥コンチネンタルタイヤ・ジャパン『AllSeasonContact 2』

日本グッドイヤー、社内取り組みインタビュー:人事部【大上竜介人事本部長】
「フレキシブル・ワーク・アレンジメント」の設定や、人事的インフラ整備、Bounceプロジェクトなどを推進

住友ゴム工業、2023年度年末社長会見を開催
2024年度における3つの社長方針を策定

横浜ゴム、年末社長会見を開催
高付加価値品比率最大化を目指し、ブランド価値向上と拡販を着実に推進

TOYO TIRE、年末記者懇談会を開催
先を見据え、愚直に力をつける年

【年頭所感】 
日本自動車タイヤ協会:山石 昌孝会長

・日本ゼオン、2023年末社長会見を開催
・住友ゴム工業、仙台市での拠点開設に伴う立地表明式を開催
・日本自動車タイヤ協会、2024年自動車タイヤ国内需要見通しを発表
・ブリヂストン、第13回ブリヂストン グループ・グローバルTQM大会を開催 航空機用タイヤ事業における優秀事例などを表彰
・横浜ゴムおよび「YOKOHAMAまごころ基金」が、子どもたちの教育を支援する「チャンス・フォー・チルドレン」を継続支援
・住友ゴム工業、世界最大級のハイテク技術見本市『CES2024』に「センシングコア」ブースを出展
・ブリヂストン、小売サービス・ソリューション事業強化に向け「接客・技能グランプリ」を開催

☆新商品ハイライト☆
①住友ゴム工業/ダンロップ『SPORTMAX Q5A』
②TOYO TIRE『PROXES CF3』

JAPAN MOBILITY SHOW 2023
11日間で111万2000名が来場
タイヤメーカー、様々な新技術やサービスを紹介

ブリヂストン、新商品『BATTLAX HYPERSPORT S23』の発表会を開催
全ての領域で妥協する事なく向上した次世代スポーツタイヤ

日本自動車タイヤ協会、第55回東名高速道路浜名湖SAにおけるタイヤ点検結果を発表
タイヤ整備不良率52.0%、整備不良項目の1位は空気圧不足


・ブリヂストン、2023年12月期第3四半期決算発表
・住友ゴム工業、2023年12月期第3四半期決算発表
・横浜ゴム、2022年12月期第3四半期決算発表
・TOYO TIRE、2023年12月期第3四半期決算発表
・日本ゼオン、2024年3月期第2四半期決算発表
・TOYO TIRE、清水隆史代表取締役社長&CEOが「藍綬褒章」を受章
・ブリヂストン、独自のアルゴリズムを活用したタイヤ耐久予測による鉱山ソリューション新サービスを、BHP社Spence鉱山で提供開始
・ブリヂストン、「ENLITEN」技術搭載タイヤ装着チームが世界最高峰のソーラーカーレース「2023 Bridgestone World Solar Challenge」で優勝
・ブリヂストン、タイにおけるタイヤ生産拠点を再編
・TOYO TIRE、セルビア 国立ノヴィ・サド大学とサステナブル原材料の共同研究を開始
・TOYO TIRE、元日のサッカー日本代表国際親善試合に特別協賛し、「TOYO TIRES CUP 2024」を開催
・住友ゴム工業、水素エネルギーと太陽光発電を活用したタイヤ製造の取り組みが「令和5年度気候変動アクション環境大臣表彰」を受賞
・横浜ゴム、先端計測と計算科学を組み合わせた化学反応可視化技術によりゴムとスチールコードの接着老化メカニズムを解明
・住友ゴム工業、企業広告が「第72回日経広告賞」の環境部門で優秀賞を受賞
・横浜ゴムと「YOKOHAMAまごころ基金」が「かながわ県立病院小児医療基金」に寄付

★新商品ハイライト★
①ブリヂストン『BATTLAX HYPERSPORT S23』
②TOYO TIRE『OPEN COUNTRY 785』『OBSERVE W/T-R』サイズ追加

【新技術インタビュー】
二酸化炭素を原料としたブタジエンゴムの合成
2020年代末の商品化に向け、開発を推進

東京大学、ブリヂストン等の共同研究グループ、走行中給電の公道実証実験を開始
10秒停止で、一般的なEVが1㎞走行可能に

住友ゴム工業、第13回DTS全国TBタイヤ作業コンテストを開催
安全に、確実かつ効率的な作業の徹底と、作業技術レベルの標準化を目的に

ブリヂストン、イオンモール羽生で、交通安全啓発イベント『ファミリー交通安全パーク』を開催
交通安全に向け、自動車、バイク、自転車を展示


・住友ゴム工業、中国・蘇州での新たな交通システム構築に向け『センシングコア』を活用した自動運転バスの実証実験を開始
・ピレリ、2027 年までフォーミュラ1 のグローバルタイヤパートナーに決定
・住友ゴム工業、国内メーカー初のRFID搭載市販タイヤを発売
・住友ゴム工業、「タイヤ内発電技術」の進化により幅広い速度域で電力安定供給に成功
・住友ゴム工業、天然ゴムの持続可能な調達に向け天然ゴムに特化したリスク評価ツールを導入
・住友ゴム工業、国内市販用タイヤ販売体制を再編
・ブリヂストン、ソフトロボットハンドが「2023年度グッドデザイン賞」を受賞
・横浜ゴム、『GEOLANDAR CV 4S』、『BluEarth-Camper』が2023年度グッドデザイン賞を受賞
・TOYO TIRE、2023年度グッドデザイン賞を『PROXES Comfort Ⅱs』、『H30』が受賞
・TOYO TIRE、宮城県岩沼警察署とタイヤの適正使用を訴求
・TOYO TIRE、奈良県警と交通安全を協働啓発を実施
・横浜ゴム、「YOKOHAMAまごころ基金」が海洋保全団体「JEAN」を継続支援
・横浜ゴム、「YOKOHAMAまごころ基金」が子育てを中心とした社会問題解決に取り組む「フローレンス」を継続支援
・横浜ゴム、「YOKOHAMAまごころ基金」が「かながわ筋電義手バンク」を継続支援
・TOYO TIRE、「2023 サロマ大収穫祭」に協賛
・TOYO TIRE、「#オプカン女子会」を初開催
・日本グッドイヤー、番組提供するTOKYO FMの『GOODYEAR MUSIC AIRSHIP シティポップレイディオ』がエフエム石川でも放送開始

★新商品ハイライト★
①住友ゴム工業/ダンロップ『e. ENASAVE SP148』
②横浜ゴム『GEOLANDAR CV 4S』

【トップインタビュー】
日本グッドイヤー、金原雄次郎代表取締役社長
「お客様を大切に」という変わらぬ想い

日本ミシュランタイヤ、本社移転完了報告会を開催
コラボレーションスペースの創設についても発表

住友ゴム工業、白河工場で「夏休みわくわく寺子屋」を開催
水素ボイラーや同社の活動について楽しく紹介

日本ミシュランタイヤ、近隣小学生を招き『デジタルものづくり体験学習』を開催
駒形小学校と韮川小学校の6年生、計44名が参加


・ブリヂストン、2023年12月期第2四半期決算発表
・住友ゴム工業、2023年12月期第2四半期決算発表
・横浜ゴム、2023年12月期第2四半期決算発表
・TOYO TIRE、2023年12月期第2四半期決算発表
・日本ゼオン、2024年3月期第1四半期決算発表
・住友ゴム工業、米・車両故障予知会社のViaduct社と『センシングコア』の共同実証実験を開始
・TOYO TIRE、Toyo Automotive Parts(USA), Inc.を解散
・ブリヂストンと東北大学が、ゴムのシミュレーション基盤技術に関する共同研究を開始
・ミシュラン、フランス郵政公社と提携、エアレスタイヤ『ミシュラン アプティス・プロトタイプ』を欧州初導入
・ブリヂストン、「ブリヂストン タイヤオンラインストア」開設
・ブリヂストン、ソリューション店舗ネットワーク「B-select」を活用し、トラック・バス向けソリューションサービス「TPP」の拡充・強化を実現
・住友理工・住友ゴム・住友電工が協業して、サーキュラーエコノミーの実現に向けた取り組みを加速

★新商品ハイライト★
①住友ゴム工業/ダンロップ『GRANDTREK XS1』
②TOYO TIRE『CELSIUS』タクシー専用

【新技術インタビュー】
ブリヂストン =ソフトロボットハンド=
「人と共生」という信念の下、2030年の社会実装に向け、事業を推進

日本自動車タイヤ協会、2023年自動車タイヤ国内需要年央見直しを発表
乗用車用タイヤの年間見通しは、新車用が前年比111%、市販用が前年比97%に

ブリヂストン、プレミアムタイヤ、サービス・ソリューションを提供する国内の新たな店舗ネットワーク『B-select』を展開
人とモノの移動を止めず、より安心で心地よいモビリティライフを支える


・横浜ゴム、電動車への対応商品である事を示す独自のマーク「E+」を導入
・グッドイヤー、創立125周年を迎え、その歴史を振り返る記念動画を公開
・ミシュラン、第54回パリ国際航空ショーで、新世代の航空機用タイヤ『MICHELIN Air X SKY LIGHT』を世界初公開
・横浜ゴム、信州大学と劣化なくリサイクル可能な高分子微粒子から亀裂が進みにくいゴム材料を開発
・横浜ゴム、トラック・バス用タイヤとして初のEVへの新車装着を開始
・日本ゼオン、大阪大学に「日本ゼオン・カーボンニュートラル先進触媒共同研究講座」を開設


★新商品ハイライト★
①住友ゴム工業/ダンロップ『GEOMAX MX34』
②住友ゴム工業/ダンロップ『DIREZZA β06』
③横浜ゴム『ADVAN Sport EV』
④TOYO TIRE『M939』
⑤ミシュラン『MICHELIN e・PRIMACY』
⑥ピレリ『P ZERO TROFEO RS』

TOYO TIRE、新商品インタビュー
プレミアムスポーツタイヤ『PROXES Sport 2』
プレミアムコンフォートタイヤ『PROXES Comfort Ⅱs』
「T‐MODE」や「Nano Balance Technology」を駆使し、開発した新商品

日本ミシュランタイヤが加盟する群馬積層造形プラットフォーム、技術報告会を開催
積層造形技術開発の探索テーマと方向性を示す『探索マップ』を作成

日本ゼオン、中期経営計画『STAGE30』第2フェーズ(2023‐2026年度)を発表
売上高5100億円、営業利益580億円、全社ROIC8%、ROE10%を目指す


・日本自動車タイヤ協会、2023年「4月8日タイヤの日」安全啓発活動結果を発表
・日本ゴム工業会、第29回幹事会を開催
・ミシュラン、先進のシミュレーション技術を取得
・ブリヂストン、使用済タイヤのリサイクル熱分解試験を開始
・ブリヂストンのソフトロボットハンドが国際的なデザイン賞「iFデザインアワード2023」の最高賞を受賞
・ブリヂストン、世界最高峰ソーラーカーレース「2023 Bridgestone World Solar Challenge」を『ENLITEN』で支える
・TOYO TIRE、OPEN COUNTRY装着車両が過酷なオフロードレース「SCORE BAJA 500」で表彰台を独占
・グッドイヤー、ル・マン24時間レースに初のリアルタイム・タイヤ・インテリジェンス機能を導入
・横浜ゴム、日本カーシェアリング協会へタイヤ寄贈

★新商品ハイライト★
①住友ゴム工業/ダンロップ『DIREZZA 301R S』
②日本ミシュランタイヤ『MICHELIN STARCROSS6』

住友ゴム工業、水素エネルギーを活用したタイヤ製造工程を公開
『NEO‐T01』の加硫工程において、水素エネルギーを活用

TOYO TIRE、新技術説明会を開催
二酸化炭素からタイヤ主原であるブタジエンゴムの合成に成功

横浜ゴム、タイヤ技術勉強会を開催
高い荷重支持能力を有するHLC規格タイヤや、サステナブルタイヤ開発をテーマに


・協同組合日本タイヤリサイクル協会、第31回通常総会ならびに懇親昼食会を開催
・ブリヂストン、2023年12月期第1四半期決算発表
・住友ゴム工業、2023年12月期第1四半期決算発表
・横浜ゴム、2023年12月期第1四半期決算発表
・TOYO TIRE、2023年12月期第1四半期決算発表
・日本ゼオン、2023年3月期決算発表
・ランクセス、2023年度第1四半期の業績を発表
・日本自動車タイヤ協会、2022年廃タイヤ(使用済みタイヤ)リサイクル状況を発表
・横浜ゴム、Trelleborg Wheel Systems Holding ABの買収を完了
・ミシュランの支援を受けエンバイロとアンティン、世界初の大規模なタイヤリサイクルグループを構築
・ブリヂストンと九州大学が組織対応型連携を開始
・ブリヂストン、国内6工場で購入電力100%再生可能エネルギー化を達成
・横浜ゴム、EVバスでタイヤソリューションサービスの実証実験を開始
・日本ミシュランタイヤ、S&VL社と協業合意し、群馬県太田市からドライビングシミュレータサービスを開始

★新商品ハイライト★
①住友ゴム工業/ダンロップ『DIREZZA 301R S』

【新商品インタビュー】
横浜ゴム、キャンピングカー専用タイヤ『BluEarth-Camper』
日本のキャンピングカーに特化したサイズを展開

TOYO TIRE、新商品『PROXES Sport 2』と『PROXES Comfort Ⅱs』の体感試走会を開催
2つの「PROXES」新商品の高い性能を体感

第50回東京モーターサイクルショーが開催
出展者数166社・1018小間と過去最大の出展規模に


・ブリヂストン、交通安全啓発イベント「4/8はタイヤの日 ファミリー交通安全パーク」を開催
・住友ゴム工業、北海道ボールパークFビレッジでAIタイヤ点検を実施
・横浜ゴム、「タイヤの日」に合わせてタイヤ安全啓発活動を実施
・TOYO TIRE、2023年度タイヤ安全啓発活動を実施
・住友ゴム工業/ファルケン、市販用EVタイヤ『e. ZIEX』を欧州で新発売し、EV向けタイヤの展開を加速
・横浜ゴム、商用ピックアップトラック向けオールテレーンタイヤ『GEOLANDAR A/T XD』を北米と豪州で発売
・横浜ゴム、EVなど高重量車両に対応するHLCタイヤの生産・販売を開始
・横浜ゴム、三島工場のモータースポーツ用タイヤ生産ラインの使用電力を再生可能エネルギー由来の電力に切り替え

★新商品ハイライト★
①ブリヂストン『POTENZA RE-09D』 
②住友ゴム工業/ダンロップ『DIREZZA 301R M』
③住友ゴム工業/ダンロップ『DIREZZA ZⅢCUP』
④住友ゴム工業/ダンロップ『GEOMAX TRIAL TL01』
⑤住友ゴム工業/ダンロップ『GEOMAX ENDURO EN91EX』
⑥日本ミシュランタイヤ『MICHELIN X MULTI Energy Z』
⑦コンチネンタルタイヤ・ジャパン『PremiumContact 7』

シュリンク包装機械トップシェアを誇るハナガタ、タイヤ梱包に参入
タイヤに傷つけず、複数のタイヤ梱包が可能

ブリヂストン、2023年度モータースポーツ活動発表会を開催
サステナブルなグローバルモータースポーツを推進

横浜ゴム、北海道タイヤテストセンター内に、国内最大の屋内氷盤旋回試験場を開設
旋回半径10~22mまでの試験が可能

住友ゴム工業、タイヤ事業におけるサーキュラーエコノミー構想『TOWANOWA』を策定
資源の有効活用とCO2の削減だけでなく、ユーザーへ新たな価値を創出

・横浜ゴム、インドの乗用車用タイヤの生産能力を年産450万本へ拡大
・住友ゴム工業、タイのタイヤ工場における電力のゼロカーボン化に取り組む
・ブリヂストン、国内タイヤ工場でPPAによる太陽光発電を開始
・住友ゴム工業、タイヤトレーサビリティーの業界標準に対応するため「GDSO」に加盟
・横浜ゴム、自然関連財務情報開示タスクフォース(TNFD)フォーラムに参画
・横浜ゴム、「生物多様性のための30by30アライアンス」に参画
・横浜ゴム、競泳の池江璃花子選手とパートナーシップ契約を締結、横浜ゴム所属選手として新社会人をスタート
・住友ゴム工業、サステナブル原材料比率38%のDUNLOPレースタイヤを開発

★新商品ハイライト★
①住友ゴム工業/ダンロップ『SP541』
②住友ゴム工業/ダンロップ『SP537』
③コンチネンタルタイヤ・ジャパン『AllSeasonContact』
④コンチネンタルタイヤ・ジャパン『ComfortContact CC7』
⑤日本ミシュランタイヤ/BFGoodrich『g-Force Phenom T/A』

住友ゴム工業、タイヤ開発における熟練設計者のノウハウをAI化
技術開発体制強化に加え、ノウハウなどの技能伝承も可能に

【特集:独自取材】「タイヤに関する意識調査」を実施
「タイヤに求める性能」は「ライフ性能」
「タイヤ購入時の優先事項」では「性能」がトップ

住友ゴム工業、年末社長会見を開催
2023年は足場固めに取り組み、今後の大きな飛躍につなげる

横浜ゴム、年末社長会見を開催
TWSの事業買収を完了で、売上収益1兆円を達成し、次の成長ステップに向かう

TOYO TIRE、年末社長会見を開催
2023年は『転機を掴み、成長へつなげる年』に


・【年頭所感】 日本自動車タイヤ協会:山石 昌孝会長
・日本ゼオン、2022年末社長会見を開催
・住友ゴム工業、泉大津工場で「防災啓蒙イベント&モータースポーツイベント」を開催
・日本自動車タイヤ協会、第54回東名高速道路浜名湖SA におけるタイヤ点検結果を発表
・ブリヂストン、コスタリカ・サンホセ工場の乗用車用タイヤ生産能力を増強
・グッドイヤー、「VECTOR 4SEASONS GEN-3」がAuto Bildのオールシーズンタイヤテストで1位を獲得
・ミシュラン、JAL新規導入の「A350-1000」型機で5年間の独占タイヤサプライヤー契約を締結
・日本ミシュランタイヤ、タイヤラベル見直しにより、ラベル関連プラスチックと紙の年間使用量を43%削減


★新商品ハイライト★
①横浜ゴム『BluEarth-Van All Season RY61』

新商品インタビュー
日本グッドイヤー『VECTOR 4SEASONS GEN‐3』シリーズ
高い冬性能に加え、ライフ性能や燃費性能、静粛性を向上

ブリヂストン、中期事業計画(2021-2023)進捗状況を発表
「2030年長期戦略アスピレーション」を道筋とした戦略的成長投資を実行

ブリヂストン、循環型社会に向けた『水平リサイクル』の可能性と使用済タイヤの現状・課題・今後の展望について、プレスセミナーを開催
水平リサイクルに向け『EVERTIRE INITIATIVE』を推進

ブリヂストン、『救急車・指揮車用パンク対応タイヤ』の研究成果を公開
パンク時でも、時速40㎞で50㎞の距離を走行可能


・ブリヂストン、2022年12月期第3四半期決算発表
・住友ゴム工業、2022年12月期第3四半期決算発表
・横浜ゴム、2022年12月期第3四半期決算発表
・TOYO TIRE、2022年12月期第3四半期決算発表
・日本ゼオン、2023年3月期第2四半期決算発表
・ブリヂストン、グループ会社のロシア事業を譲渡
・TOYO TIRE、気候関連財務情報開示タスクフォース(TCFD)の提言へ賛同を表明
・住友ゴム工業、天然ゴムを持続可能な資源とするための 「パイロットプロジェクト」キックオフセレモニーを開催
・ミシュラン、世界初となるサステナブル素材を45%・58%保有する公道走行タイヤを発表
・ブリヂストン、トッパンフォームズと通信性能を最大化するタイヤ用次世代RFIDタグの開発と、その実装に向けた共同開発を開始
・住友ゴム工業、東京工業大学、理化学研究所と協業で、硫黄と天然ゴムの結合点を解明
・横浜ゴム、「YOKOHAMAまごころ基金」が海洋保全団体「JEAN」を継続支援
・横浜ゴム、「YOKOHAMAまごころ基金」が「小児医療基金」に寄付

横浜ゴム、乗用車用スタッドレスタイヤ『iceGUARD 7』の試乗会を開催
氷上と雪上の性能両立を体感

住友ゴム工業、天然ゴムの安定供給へ向けた研究を加速
改変トマト由来酵素により、天然ゴムの収率改善や、タイヤ性能向上に寄与

住友ゴム工業、名古屋工場で、GENKI活動 の一環として、 モータースポーツイベントを開催
「ピンクリボン運動」を通した社内への乳がん啓発も同時実施


・ブリヂストン、第12回技能グランプリ全国大会と第6回生産財セールスマンコンテスト全国大会を開催
・住友ゴム工業、第12回DTS全国TBタイヤ作業コンテストを開催
・TOYO TIRE、第3回「TOYO TIRESトラック・バスタイヤ作業コンテスト」を開催
・ブリヂストン、米国にてリトレッド事業を強化、アビレーン工場のトラック・バス用タイヤのリトレッド用部材の生産能力を増強
・ブリヂストン、テレダイン社が主導する月面探査車の開発チームに参画
・住友ゴム工業、夢の低燃費タイヤの開発につながるバイオポリマーの合成に成功
・横浜ゴム、YOKOHAMAカート用タイヤの供給を終了
・TOYO TIRE、奈良警察署と協働でタイヤの適正使用を訴求
・日本ミシュランタイヤ、ヤマト運輸とリードロジスティクスパートナー契約を締結

★新商品ハイライト★
①ブリヂストン『POTENZA RE-09D』
②TOYO TIRE『OPEN COUNTRY A/T EX』『OPEN COUNTRY R/T』サイズ追加
③TOYO TIRE『OPEN COUNTRY 785』
④日本ミシュランタイヤ『MICHELIN AGILIS CROSSCLIMATE』『MICHELIN CROSSCLIMATE CAMPING』
⑤日本グッドイヤー『VECTOR 4SEASONS GEN-3』『VECTOR 4SEASONS GEN-3 SUV』サイズ追加

グッドイヤー、オールシーズンタイヤ新商品『VECTOR 4SEASONS GEN-3』『VECTOR 4SEASONS GEN-3 SUV』の試乗会を開催
進化した冬性能・夏性能を体感

ブリヂストン、2030年長期戦略アスピレーションを発表
2030年に、売上収益5兆円強レベル、調整後営業利益率15%強を目指す

日本自動車タイヤ協会、2022年自動車タイヤ国内需要年央見直しを発表
市販用の年間見通し、夏用タイヤと冬用タイヤ合計で4846万5000本


・ブリヂストン、ブラジルにて乗用車用プレミアムタイヤを創って売る体制強化、バイーア工場の乗用車用タイヤ生産能力を増強
・ブリヂストン、米国にてトラック・バス用プレミアムタイヤの創って売る体制強化し、ウォーレン工場のトラック・バス用タイヤ生産能力を増強
・横浜ゴム、インド新工場でオフハイウェイタイヤの生産を開始
・住友ゴム工業、世界初の高精度計測技術による電池用「硫黄」の可視化に成功

・ブリヂストン、グアユールの事業化に向けて投資を強化
・ブリヂストン、AWSと戦略的な協業を開始し、データ価値の増幅によリソリューション事業を強化
・住友ゴム工業、センシングコアビジネスの実現に向けIoTソリューション企業「トライポッドワークス」へ出資
・横浜ゴム、「YOKOHAMAまごころ基金」が子どもたちの教育を支援する「チャンス・フォー・チルドレン」を継続支援
・横浜ゴム、「YOKOHAMAまごころ基金」が子育てを中心とした社会問題解決に取り組む「フローレンス」を支援
・TOYO TIRE、「NANOENERGY M676」がLNGトラックを使用した実証走行をサポート
・日本グッドイヤー、世界自然遺産の白神山地で保全活動をする、特定非営利活動法人「白神山地を守る会」の活動を支援

★新商品ハイライト★
①ブリヂストン『BLIZZAK VL10』
②ブリヂストン『W999』
③ブリヂストン『BLIZZAK VRX3』サイズ追加
④横浜ゴム『905W』…32 ⑤TOYO TIRE『M937』

ブリヂストン、乗用車用タイヤのサブスクリプションサービス『Mobox』インタビュー
出費の平準化とパンク補償、メンテナンスがセットとなった画期的なサービス

協同組合日本タイヤリサイクル協会、新理事長インタビュー
【鳥海 重利氏 株式会社トリウミ 代表取締役】
タイヤライフサイクルの一翼を担う、JSRAの舵取りについて聞く


・ブリヂストン、2022年12月期第2四半期決算発表
・住友ゴム工業、2022年12月期第2四半期決算発表
・横浜ゴム、2022年12月期第2四半期決算発表
・TOYO TIRE、2022年12月期第2四半期決算発表
・日本ゼオン、2023年3月期第1四半期決算発表
・ブリヂストン、マイクロソフト社と協業データ価値の増幅によりプレミアムタイヤ事業とソリューション事業を強化
・ブリヂストン、東南アジアの天然ゴム農園へ投資を強化
・グッドイヤー、米国ロッキード・マーティン社と共同で、商用事業用の月面探査車開発を発表
・ブリヂストン、タイヤの空気圧と温度を遠隔モニタリングするデジタルソリューションツール「Tirematics」を活用した新サービス「リアルタイムモニタリング」の提供を開始
・ブリヂストン、モーターサイクル用タイヤのプレミアム戦略強化に向け、那須工場への設備投資を決定
・横浜ゴム、AIによる配合生成技術を活用したゴムの配合設計システムを独自開発

★新商品ハイライト★
①日本ミシュランタイヤ『MICHELIN CROSSCLIMATE 2 SUV』
②日本ミシュランタイヤ『MICHELIN X-ICE SNOW』サイズ追加
③日本グッドイヤー『VECTOR 4SEASONS GEN-3』『VECTOR 4SEASONS GEN-3 SUV』
④日本グッドイヤー『EfficientGrip 2 SUV』

TOYO TIRE、『OPEN COUNTRY A/TⅢ』の試走会を開催
日本国内市場に向けチューニングされた性能を体感

ピレリ、創立150周年発表会ならびにスタッドレスタイヤ新商品『ICE ZERO ASIMMETRICO』の発表会を開催
雪や氷、ウエットなど、冬のあらゆるコンディションでのグリップ力が向上

日本自動車タイヤ協会、横浜ゴムの山石昌孝代表取締役社長が新会長に
『安全』と『環境』に対し、様々な取り組みを進める

日本タイヤリサイクル協会、第30回通常総会を開催
記念講演会も開催


・日本ミシュランタイヤ、ジャパントラックショー2022に併せ、メディアセミナーを開催
・日本ゴム工業会、第26回幹事会を開催
・日本自動車タイヤ協会、低車外音タイヤの表示制度を2023年1月から開始
・住友ゴム工業、米国のタイヤ技術コンソーシアムCenTiReの 「the mentor of the year 2022」を受賞
・住友ゴム工業、水素添加ポリマーを用いた「性能持続技術」が「Tire Technology of the Year」を受賞
・住友ゴム工業、タイヤパンク応急修理キット『IMS』の一般ユーザー向け販売を開始
・住友ゴム工業、「DUNLOP全国タイヤ安全点検」で5台に1台がタイヤ整備不良
・TOYO TIRE、2022年度のタイヤ安全啓発活動を実施
・横浜ゴム、サステナブル資源を用いたゴム材料の研究開発で日本ゴム協会賞を受賞

★新商品ハイライト★
①TOYO TIRE『OPEN COUNTRY A/T Ⅲ』
②ピレリジャパン『ICE ZERO ASIMMETRICO』

日本ミシュランタイヤ、新商品技術インタビュー『MICHELIN PRIMACY SUV+』
ウエットグリップや快適性、静粛性を考慮したプレミアムコンフォートSUVタイヤ

住友ゴム工業、材料解析クラウドサービス「WAVEBASE」を活用した実証実験説明会を開催
ゴム材料開発における解析時間を100分の1以下に短縮

横浜ゴム、農業機械・産業車両用タイヤなどを生産販売するTrelleborg社のWheel Systems事業を買収
買収により、タイヤ生産財事業の商品ラインアップ、コスト、サービス、DXを強化

第49回東京モーターサイクルショーが開催
3年ぶりの開催、12万3439名が来場


・ブリヂストンとLanzaTech 使用済タイヤのリサイクル技術開発へ向けたパートナーシップを締結
・住友ゴム工業、埼玉大学、東北大学、金沢大学と協業で、天然ゴム生合成メカニズム解明につながる酵素評価方法を発明
・住友ゴム工業、スローパンク検知機能を搭載した「空気圧・温度管理サービス」の実証実験を開始
・住友ゴム工業、関西大学と共同で、タイヤ内発電技術を利用した摩耗推定技術を開発
・住友ゴム工業、NEXT Logistics Japan株式会社とパートナー契約を締結
・住友ゴム工業、4月8日“タイヤの日”から「DUNLOP全国タイヤ安全点検」を実施
・横浜ゴム、「タイヤの日」に合わせてタイヤ安全啓発活動を実施
・TOYO TIRE、4月8日「タイヤの日」を迎えるにあたり、タイヤ安全啓発の取り組みを継続


新商品ハイライト
①ブリヂストン『POTENZA RE-08D』
②住友ゴム工業/ダンロップ『KE-1』
③横浜ゴム『BluEarth 711L』

ブリヂストン、月面探査車用タイヤ開発者インタビュー
月面を総走行距離1万㎞、時速10㎞レベルで走り続けられるタイヤを目指す

日本ミシュランタイヤ、SUV車用プレミアムコンフォートタイヤ『MICHELIN PRIMACY SUV+』を発表
快適性と高速安定性を両立


・ブリヂストン、2030年を見据えた企業コミットメント『Bridgestone E8 Commitment』を発表
・ブリヂストンとENEOS、使用済タイヤからタイヤ素原料を製造するケミカルリサイクル技術の社会実装に向けた共同プロジェクトを開始
・住友ゴム工業、東北大学、金沢大学、理化学研究所と協業で、天然ゴム合成酵素と同類「トマト由来酵素」の構造を解明
・横浜ゴム、日本ゼオンと実施する「炭素資源循環型の合成ゴム基幹化学品製造技術の開発」がNEDOグリーンイノベーション基金事業に採択
・ブリヂストン、企業とアカデミアによる、使用済タイヤから合成ゴム素原料であるイソプレンを製造するケミカルリサイクル技術の共同研究を開始
・横浜ゴム、全日本スーパーフォーミュラへの2023年以降の供給を継続、サステナブル素材を活用したレーシングタイヤを開発


★新商品ハイライト★
①住友ゴム工業/ダンロップ『SP LT22』
②横浜ゴム『505C
③日本ミシュランタイヤ『MICHELIN PRIMACY 4+』
④日本ミシュランタイヤ『MICHELIN PRIMACY SUV+』
⑤日本ミシュランタイヤ『MICHELIN CITY EXTRA』
⑥ピレリジャパン『POWERGY』…35 ⑦ピレリジャパン『Cinturato ROSSO』
⑧コンチネンタルタイヤ・ジャパン『SportCotact 7』

伊藤忠商事、イギリスで、廃タイヤ回収・加工事業を行っている「Murfitts Group Ltd」の全株式を取得
グループ傘下に「Murfitts」を加えることで、タイヤサプライチェーン全体におけるサステナビリティへの貢献を目指す

日本ミシュランタイヤ、ハイグリップスポーツタイヤの新商品『MICHELIN PILOT SPORT 5』を発表
グリップ性能や操縦安定性はもちろん、見た目にもこだわったタイヤ

日本グッドイヤー、新商品『EAGLE F1 SUPERSPORT』『Efficient-GRIP Performance 2』の発表会をを開催
今後も、日本市場のニーズに合った商品・サービスを適切なタイミングで供給

住友ゴム工業、第11回DTS全国TBタイヤ作業コンテストの報告会を開催
コロナ禍により、初のオンラインでのコンテストに


・ブリヂストン、2021年12月期決算発表
・住友ゴム工業、2021年12月期決算発表
・横浜ゴム、2021年12月期決算発表
・TOYO TIRE、2021年12月期決算発表
・日本ゼオン、2022年3月期第3四半期決算発表
・住友ゴム工業/ダンロップ、同社初の市販用EVタイヤ『e. SPORT MAXX』を中国で新発売
・ミシュラン、ラストマイル配送E-カーゴ・トライク用 エアレスタイヤのプロトタイプを発表

★新商品ハイライト★
①住友ゴム工業/ダンロップ『SP SPORT MAXX 060+
②住友ゴム工業/ダンロップ『SCOOTSMART2
③横浜ゴム『ADVAN Sport V107』
④日本ミシュランタイヤ『MICHELIN PILOT SPORT 5』
⑤日本グッドイヤー『EAGLE F1 SuperSport』
⑥日本グッドイヤー『EfficientGrip Performance 2』

伊藤忠商事、『PROJECT TREE』を始動
天然ゴム業界の課題解決に取り組む
持続可能な開発目標実現へ

TOYO TIRE、エアレスタイヤ「noair」装着ゴルフカート試乗会を開催
社会実装を見据え、進化した乗心地、グリップ力を体感

・住友ゴム工業、年末社長記者会見を開催
・横浜ゴム、年末社長会見を開催
・TOYO TIRE、年末社長会見を開催
・【年頭所感】 日本自動車タイヤ協会:東 正浩会長
・日本ゼオン、新春インタビューを開催
・日本自動車タイヤ協会、2022年自動車タイヤ国内需要見通しを発表
・ブリヂストン、中学校で出張授業『ブリヂストングローバルコミュニケーション教室~世界につながる伝える力~』を実施
・ブリヂストンとミシュラン、再生カーボンブラックの利用拡大を通じ、タイヤ・ゴム業界におけるサステナビリティの進化へむけて連携
・ブリヂストン、鉱山車両用タイヤソリューションプロバイダーOtraco社の買収完了
・ブリヂストン、中国合成ゴム事業の全株式売却完了
・ブリヂストン、中国におけるトラック・バス用ラジアルタイヤ生産拠点集約
・ブリヂストン、トルコでデジタルフリートソリューションプロバイダーArvento Mobile Systems を買収
・横浜ゴム、AIを活用したタイヤ特性値予測システムを独自開発
・横浜ゴム、マレーシアにタイヤ販売の合弁会社を設立
・TOYO TIRE、米国市場でタイヤの販売価格を改定
・住友ゴム工業、タクシー事業者向けタイヤ空気圧管理ソリューションサービスの実証実験を開始
・住友ゴム工業、乗用車向け『タイヤ空気圧・温度管理サービス』の提供を開始
・日本ミシュランタイヤ、商用車用タイヤの点検作業をDX化した「MICHELIN Tire Care」を提供開始

★新商品ハイライト★
①TOYO TIRE『TRANPATH mp7』

スタッドレスタイヤ技術インタビュー【横浜ゴム】
『iceGUARD 7』
「氷に効く」、「永く効く」、「雪に効く」乗用車用スタッドレスタイヤ

TOYO TIRE、オールシーズンタイヤ『CELSIUS』の性能を体感
冬性能はドライブシミュレーターで、夏性能は実車走行で体感

・ブリヂストン、2021年12月期第3四半期決算発表
・住友ゴム工業、2021年12月期第3四半期決算発表
・横浜ゴム、2021年12月期第3四半期決算発表
・TOYO TIRE、2021年12月期第3四半期決算発表
・JSR、2022年3月期第2四半期決算発表
・日本ゼオン、2022年3月期第2四半期決算発表
・TOYO TIRE、「SEMA Show 2021」にブースを出展
・タイヤ産業プロジェクトのCEO会議が開催
・横浜ゴム、ハマタイト事業を譲渡完了
・ブリヂストン、コンベヤベルト事業から撤退
・ブリヂストン、LGBTQに関する取り組みを評価する「PRIDE指標」で 4年連続最高評価の「ゴールド」を受賞
・住友ゴム工業、LGBTへの取り組み評価指標「PRIDE指標2021」で 「シルバー」認定を取得
・TOYO TIRE、サッカー日本代表応援特別番組に協賛
・ブリヂストンのコーポレートフォントと自転車が「2021年度グッドデザイン賞」を受賞
・横浜ゴムの新商品「iceGUARD 7」が2021年度グッドデザイン賞を受賞
・TOYO TIRE、「PROXES CL1 SUV」が2021年度グッドデザイン賞を受賞
・横浜ゴム、ヨコハマタイヤリトレッド北海道事業所が「令和3年度循環型社会形成推進功労者環境大臣表彰」受賞
・横浜ゴムのタイヤ販売会社が北海道旭川市へスタッドレスタイヤを寄贈
・TOYO TIRE、TOYO TIRES presents 「卒業RECORD #ソツレコ」を開催

★新商品ハイライト★
①ブリヂストン『BATTLAX ADVENTURE TRAIL AT41』
②ブリヂストン『BATTLECROSS X31
③横浜ゴム『TAXI TOURING A/S』

スタッドレスタイヤ技術インタビュー【ブリヂストン】
『BLIZZAK VRX3』
総合性能を高めつつ、氷上性能を2世代分進化したスタッドレスタイヤ

住友ゴム工業、サステナビリティ長期方針説明会を開催
タイヤ・スポーツ・産業品を、2050 年にサステナブル原材料比率 100% に

日本ミシュランタイヤ、富士運輸と共同開発した、大型トラック向けレスキューサービスアプリケーション『MRN GO』を発表
ミシュランレスキューネットワークをDX化し、生産性を向上

・横浜ゴム、「持続可能な天然ゴムの調達方針」を改定
・ブリヂストン、東北大学とデジタル人財育成プロジェクトを開始
・住友ゴム工業、AIタイヤ点検ツールを「DUNLOP全国タイヤ安全点検」に初導入
・横浜ゴム、ゼンリンとタイヤ内面貼り付け型タイヤセンサーを使った実証実験を開始
・横浜ゴム、2020年度のCSR活動を報告
・横浜ゴム、チェルシーFCの選手を起用した動画をSNSで配信
・TOYO TIRE、米国市場でタイヤの販売価格を改定
・豪州におけるゴム練り事業を12月13日に終了
・ピレリ、国連グローバル・コンパクト・リード企業に認定
・ブリヂストンサポートチーム「YOSHIMURA SERT MOTUL」が 世界最高峰の2輪耐久レース「FIM世界耐久選手権」で シリーズチャンピオンを獲得
・TOYO TIRE、「SCORE BAJA 400」で「OPEN COUNTRY」装着車両が総合優勝
・『TOKYO AUTO SALON 2022』、2022年1月14日〜16日の3日間幕張メッセで開催
・住友ゴム工業、『SUPER GT第5戦SUGO』GT300クラスでダンロップタイヤ装着車が優勝
・住友ゴム工業、国内最大規模のeモータースポーツ大会『AUTOBACS JEGT GRAND PRIX 2021Series』にDUNLOPブランドで協賛
・横浜ゴム、国内最大規模のeモータースポーツイベント「JEGT GRAND PRIX」をスポンサーとしてサポート
・ブリヂストン、国内自動車用シートパッド製造拠点集約
・住友ゴム工業、Web社内報「WEB PLUS」が「社内報アワード2021」でゴールド賞を受賞…45 ・住友ゴム工業の『会社紹介動画』を公開
・ブリヂストン、「健康な睡眠」を支える最先端研究へ参画
・ブリヂストン、名古屋証券取引所における同社株式の上場廃止を申請
・横浜ゴム、タイヤガーデンとグランドスラムで「GEOLANDAR」25周年キャンペーンを実施
・日本グッドイヤー、合計888名に当たる「アクティブに冬を楽しもう!」プレミアムウインターキャンペーンを実施

★新商品ハイライト★
①住友ゴム工業/ダンロップ『DIREZZA 201R』
②②横浜ゴム『BluEarth-Es ES32』

スタッドレスタイヤ技術インタビュー【住友ゴム工業/ダンロップ】
『WINTER MAXX SJ8+』
ナノ凹凸ゴムなどで、氷上性能を大幅に向上したSUV用スタッドレスタイヤ

日本ミシュランタイヤ、オールシーズンタイヤに求められる諸性能を向上した新商品『MICHELIN CROSSCLIMATE 2』を発表
正統進化した「雪も走れる夏タイヤ」

日本グッドイヤー、スタッドレスタイヤ新商品『ICE NAVI 8』の試走会を開催
雪上性能などの諸性能を体感


・ブリヂストン、EVBox グループとの長期パートナーシップを締結し、欧州でEV 用充電ネットワークを拡充
・グッドイヤー、トラックの自動運転に関して、Plus社との業務提携を開始
・ミシュラン、第2回二輪用タイヤのバーチャル展示会「MICHELIN 2WHEEL VIRTUAL EXHIBITION」開催
・住友ゴム工業、独自の黒色デザイン技術『Nano Black』を確立しタイヤ側面のロゴなどの視認性とデザイン性を向上
・ブリヂストン、北米デジタルフリートソリューションプロバイダーのAzugaの買収完了
・住友ゴムグループ「持続可能な天然ゴム方針」を刷新
・横浜ゴム、インドネシアの海洋商品生産販売会社が米国石油協会の「API Spec Q1」認証を取得
・TOYO TIRE、ESG指数構成銘柄に継続選定
・住友ゴム工業、スタッドレスタイヤの技術を応用した新しい杖先ゴムを株式会社カインドウェアと共同開発

★新商品ハイライト★
①住友ゴム工業/ダンロップ『ALL SEASON MAXX AS1 for TAXI』
②住友ゴム工業/ダンロップ『DIREZZA 88R H』
③横浜ゴム『904W』…29 ④TOYO TIRE『CELSIUS CARGO』
⑤日本ミシュランタイヤ『MICHELIN CROSSCLIMATE 2』
⑥日本ミシュランタイヤ『MICHELIN ANAKEE STREET』
⑦日本グッドイヤー『VECTOR 4SEASONS CARGO』
⑧ピレリジャパン『CINTURATO ALL SEASON SF2』

TOYO TIRE、スタッドレスタイヤ新商品とオールシーズンタイヤの試乗会を開催
冬季路面で、その性能を体感

ブリヂストン、中長期事業戦略構想を発表
「タイヤ・ゴム事業の強みを活かしたソリューションカンパニー」へと進化

日本ミシュランタイヤ、スタッドレスタイヤ『MICHELIN X-ICE SNOW』の新商品発表会を開催
アイスブレーキング性能を9%、雪上ブレーキング性能を4%向上


・日本ゴム工業会、第20回幹事会を開催
・ブリヂストン、新ブランドメッセージを発表
・ブリヂストン、ブリヂストンタイヤジャパンをブリヂストンタイヤソリューションジャパンへ社名変更
・ブリヂストン、タイヤモニタリングシステムをマイクロソフト社と協働で開発
・ブリヂストン、Transense Technologies社のiTrackソリューション事業を買収
・ブリヂストン、環境性能と運動性能を両立するタイヤ技術『ENLITEN』がフォルクスワーゲンの電気自動車「ID.3」のタイヤに採用
・ブリヂストン、新・社内募金制度「BSmile募金」を設立し、寄付先団体の公募を開始
・ブリヂストン、2年連続でマツダより「取引成績優秀賞」を受賞
・ブリヂストン、指定管理事業へ参入
・住友ゴム工業、ダンロップがwithコロナの社会経済活動を 「#タイヤ安全点検しよう!」活動で安全・安心サポート
・住友ゴム工業、ダンロップ「VEURO VE304」が注目のカー用品として「用品大賞2020」グランプリを受賞
・TOYO TIRE、2020年度のタイヤ安全啓発活動を実施
・TOYO TIRE、ESG指数構成銘柄に採用
・横浜ゴム、「YOKOHAMAまごころ基金」が国際支援に取り組む「チャイルド・ファンド・ジャパン」を継続支援
・日本グッドイヤー、「GOODYEAR BETTER FUTUREキャンペーン」で知床財団に寄付を実施


★新商品ハイライト
①住友ゴム工業/ダンロップ『WINTER MAXX 03』
②TOYO TIRE『OBSERVE GIZ2』
③日本ミシュランタイヤ『MICHELIN X-ICE SNOW』シリーズ
④日本ミシュランタイヤ『MICHELIN PILOT SPORT 4 SUV』
⑤日本ミシュランタイヤ『MICHELIN XAS FF』

住友ゴム工業、「SPring -8 活用から始まった大型スーパーコンピュータと AI ・情報科学の活用」をテーマに勉強会を開催
「SPring-8」ならびに「SACLA」の見学会も実施

住友ゴム工業/ダンロップ、SUV用スタッドレスタイヤの新商品『WINTER MAXX SJ8+』の説明会を開催
氷上ブレーキやコーナリングなどの氷上性能を大幅に向上

日本ミシュランタイヤ、プレミアムコンフォートタイヤの新商品『MICHELIN e・PRIMACY』を発表
同社史上最高の低燃費性能で、電動車に対応

・日本ミシュランタイヤ、産官学連携で、金属積層造形技術の拠点となる『群馬積層造形プラットフォーム』を設立
・ゴム工業会、創立70周年記念式典を開催
・ブリヂストン、ブラジル・バイーア工場の乗用車用タイヤ生産能力を増強
・ブリヂストン、長距離トラック自動運転技術を開発するKodiak Robotics社に出資
・住友ゴム工業、北海道大学とのAI技術の共同研究成果を「Nature Index」に掲載
・ブリヂストン、国内タイヤ4工場で購入電力100%再生可能エネルギー化を達成
・横浜ゴム、グランドツーリングタイヤと乗用車用アルミホイールがみんカラ「PARTS OF THE YEAR 2021上半期大賞」を受賞
・TOYO TIRE、OPEN COUNTRY R/Tが、みんカラ「PARTS OF THE YEAR 2021年上半期大賞」タイヤ(SUV/4X4)部門で1位を受賞
・ミシュラングループのカムソ・ジャパンが、豊田自動織機社長賞を受賞
・日本グッドイヤー、スポーツタイヤエントリーモデル『EAGLE F1 SPORT』が、日刊自動車新聞 用品大賞2021(タイヤ部門)を受賞
・日本グッドイヤー、Bリーグ所属の「ライジングゼファーフクオカ」とオフィシャルサプライヤー契約を締結

★新商品ハイライト★
①ブリヂストン『BLIZZAK VRX3』
②住友ゴム工業/ダンロップ『WINTER MAXX SJ8+』
③TOYO TIRE『DELVEX 935』
④日本ミシュランタイヤ『MICHELIN X M+S 244』
⑤日本ミシュランタイヤ『MICHELIN e・PRIMACY』
⑥コンチネンタルタイヤ・ジャパン『AllSeasonContact』

タイヤセンシング技術インタビュー
【TOYO TIRE】
リアルタイムで「タイヤ力」を検知

住友ゴム工業、『タイヤがセンサーになる ~MaaS/CASEを見据えたソリューションサービス~』をテーマに、勉強会を開催
センシングコア、3つのステップで開発を推進

TOYO TIRE、日本サッカー協会とサポーティングカンパニー契約を締結
サポーティングカンパニーとして、全カテゴリのサッカー日本代表をサポート


・日本自動車タイヤ協会、2020年廃タイヤ(使用済みタイヤ)リサイクル状況を発表
・グッドイヤー、クーパータイヤの買収を完了
・横浜ゴム、国内農機メーカーへのOE納入を開始、「ALLIANCE」ブランドがヤンマーのトラクターに装着
・住友ゴム工業、オンロード、オフロードそれぞれのモーターサイクルイベントを開催
・ブリヂストン、ファイアストン インダストリアル プロダクツの空気バネ工場を増強
・ブリヂストン、中国合成ゴム事業再編を推進
・住友ゴム工業、FALKENが「Porsche 911 GT3R」2台体制で『ニュルブルクリンク24時間レース』に参戦
・横浜ゴム、ニュルブルクリンク24時間耐久レースに参戦する4チーム7台をサポート
・TOYO TIRE、「SCORE BAJA 500」をOPEN COUNTRYで参戦選手のチームをサポート
・TOYO TIRE、ニュルブルクリンク24時間耐久レースに参戦
・ミシュラン、今年のMOVIN’ONサミットで、海上輸送の脱炭素化と、46%持続可能な高性能レーシングタイヤを発表
・ブリヂストン、インド向け人工呼吸器等の支援を決定
・ブリヂストン、新型コロナワクチンの職域接種を開始
・ブリヂストン、ビジネスモデル変革や競争力強化のためのデジタルトランスフォーメーションを推進する企業として「DX銘柄2021」に2年連続で選定
・横浜ゴム、「FORMULA DRIFT JAPAN」の新リーグにワンメイク供給
・横浜ゴムの「YOKOHAMAまごころ基金」が、子どもたちの教育を支援する「チャンス・フォー・チルドレン」を支援
・横浜ゴムの三重工場、新型コロナウイルスワクチン搬送車両用にタイヤ40本を寄贈
・日本グッドイヤー、タイヤをワンメイク供給する「TOYOTA GAZOO Racing Yaris Cup 2021」が開幕

住友ゴム工業、ダイバーシティ&インクルージョン【女性活躍推進の取り組みについて】の勉強会を開催
目標は、2025年までに、女性管理職比率を7%にする

日本ミシュランタイヤ、代表取締役社長に須藤元氏が就任
同社発足以来、初の日本人社長

中古車販売の現状と今後【株式会社 カーインク】
トレンドを見極め拡販を図る


・JSR、2024年度に向けた経営方針説明会を開催
・ランクセス、2021年度事業活動説明会を開催
・ブリヂストン、中期事業計画を支えるブリヂストン流のDX「モノづくり領域」にて匠の技を伝えるシステムを開発
・横浜ゴム、バイオマスからブタジエンを生成する世界初の新技術を開発
・ブリヂストン、乗用車用タイヤのサブスクリプションサービス『Mobox』を4月より提供開始
・ブリヂストン、ファイアストン ビルディング プロダクツの売却完了
・住友ゴム工業、松山英樹選手がマスターズ悲願の優勝
・ブリヂストン、中期事業計画に基づき「戦略的成長投資」を実行し、下関工場における設備刷新を決定
・日本自動車タイヤ協会、2021年『4月8日タイヤの日』安全啓発活動
・住友ゴム工業、4月8日“タイヤの日”から「DUNLOP全国タイヤ安全点検」を実施
・横浜ゴム、「タイヤの日」に合わせてタイヤ安全啓発活動を実施
・ブリヂストン、パラスポーツ体験型授業『あすチャレ!School』をサポート
 

★新商品ハイライト★
①横浜ゴム『ADVAN HF Type D』サイズ追加
②TOYO TIRE『OPEN COUNTRY A/T EX』
③日本ミシュランタイヤ『ホワイトウォールタイヤ』
④日本ミシュランタイヤ『MICHELIN Pilot Exalto PE2』、『MICHELIN Primacy 3』
⑤ノキアンタイヤ『NOKIAN HAKKA GREEN 3』、『NOKIAN SEASONPROOFシリーズ』

ブリヂストン、創立90周年を迎える
90周年記念ロゴの制定や90周年特設ページを開設

ブリヂストン、2021年から2023年の新中期事業計画を発表
ヒト・モノの移動と動きを支え、社会価値と顧客価値を創出し、競争優位の獲得へ

横浜ゴム、新中期経営計画『Yokohama Transformation 2023』を発表
2023年度に、売上収益7000億円、事業利益700億円の達成を目指す

TOYO TIRE、中期経営計画『中計'21』を発表
量を追うのではなく、独自の強みを伸ばす


・グッドイヤー、世界のタイヤ業界における確固たる地位を確立するため、クーパータイヤ買収を発表
・横浜ゴム、AIを活用したゴムの配合物性値予測システムを独自開発
・TOYO TIRE、東京機能を移転・集約
・住友ゴムと東北大学がゴム破壊のX線CT撮影の約1000倍速化に成功



・横浜ゴム、乗用車用タイヤセンサーの中長期的な技術開発ビジョン『SensorTire Technology Vision』を発表
・ミシュランが初のタイヤリサイクルプラント建設に着手
・2050年、ミシュランタイヤは100%持続可能に
・住友ゴム工業/ファルケン、『AZENIS FK510』がADAC(ドイツ自動車連盟)のタイヤテストで総合1位を獲得
・ミシュラン、仏ネオライン社と脱炭素物流を推進
・住友ゴム工業、スーパーコンピュータ「富岳」利用を開始~材料シミュレーションの進化を加速~
・住友ゴム工業、タイヤ周辺センサーのバッテリーレス化に成功~関西大学との「タイヤ内発電技術」の実用化に向けた取り組み~
・横浜ゴム、北海道タイヤテストセンターの屋内氷盤試験場に新冷媒装置を導入
・横浜ゴムのタイヤ空気圧モニタリングシステム『HiTES4』がUDトラックスの大型トラックに採用
・横浜ゴム、カスタムカーやコンセプトタイヤを360°VR体験できるウェブコンテンツ『ヨコハマVRショールーム』を制作
・横浜ゴム、アルプスアルパイン、ゼンリンと共同でタイヤ・路面検知システムの実証実験を開始

★新商品ハイライト
①日本ミシュランタイヤ『MICHELIN ROAD CLASSIC』
②日本グッドイヤー『EAGLE F1 SPORT』
③日本ミシュランタイヤ/BFGoodrich『BFGoodrich g-FORCE COMP-2 A/S PLUS』『BFGoodrich Advantage Control』

ブリヂストン、2輪車用タイヤ新商品『BATTLAX SPORT TOURING T32』商品説明会を開催
確かな接地性による扱いやすさに加え、ウエット性能を大幅に向上

ブリヂストン、SUV専用タイヤ『ALENZA LX100』の説明会を開催
静粛性や快適性を重視したオンロードコンフォートタイヤ

ブリヂストン、環境中期目標マイルストン2030および環境技術説明会を開催
キリンホールディングス株式会社との共同研究である「グアユール」由来の天然ゴム生産性向上に寄与する技術に関する説明も


・ブリヂストン、2020年12月期決算発表
・住友ゴム工業、2020年12月期決算発表
・横浜ゴム、2020年12月期決算発表
・TOYO TIRE、2020年12月期決算発表
・JSR、2021年3月期第3四半期決算発表
・日本ゼオン、2021年3月期第3四半期決算発表
・ブリヂストン、NRGene社との共同研究により「グアユール」の複雑なゲノム配列の高精度な解読に成功
・ブリヂストン、キリンホールディングス株式会社との共同研究により「グアユール」由来の天然ゴム生産性向上に寄与する技術の開発に成功
・住友ゴム工業、米国工場のタイヤ生産能力を増強
・住友ゴム工業、タイヤの摩耗検知技術を確立、独自のタイヤセンシング技術「SENSING CORE」が進化
・住友ゴム工業、名寄タイヤテストコースに国内最大級の屋内氷上試験施設「NICE」を開設

★新商品ハイライト
①ブリヂストン『ALENZA LX100』
②ブリヂストン『POTENZA RE-07D』マイナーチェンジ
③住友ゴム工業/ダンロップ『GRANDTREK AT5』
④住友ゴム工業/ダンロップ『ALL SEASON MAXX VA1
⑤日本グッドイヤー『EfficientGrip RVF02』
⑥コンチネンタルタイヤ・ジャパン『ExtremeContact DWS06 PLUS』

グッドイヤー、新商品『EfficientGrip RVF02』の説明会と試乗会を開催
静粛性や乗心地性能を追求したミニバン専用タイヤ

バーチャルで「TOKYO AUTO SALON 2021」開催
ブリヂストン、住友ゴム工業(DUNLOP/FALKEN)、横浜ゴム、TOYO TIRE(TOYO TIRES/NITTO)が出展

ブリヂストン、世界最大規模のテクノロジー国際見本市CES 2021に出展
バーチャルツアーを開催

・ブリヂストン、AI画像診断を用いた「パラゴムノキ」の高精度病害診断技術を株式会社電通国際情報サービス(ISID)と共同開発
・ブリヂストン、ビッグデータを活用した高収量のゴム農園実現に貢献する「パラゴムノキ」の植林計画最適化システムを開発
・横浜ゴム、タイ天然ゴム公社と共同で天然ゴム農家を支援、品質向上に向けたセミナーイベントを実施
・ブリヂストン、ラファージュホルシム社にファイアストン ビルディング プロダクツを売却
・横浜ゴム、米国のタイヤ販売会社がポルシェレースの新シリーズにワンメイク供給
・横浜ゴム、世界的な耐久レースで活躍するドイツのBMWカスタマーチーム「Walkenhorst Motorsport」とパートナーシップ契約を締結
・横浜ゴムの天然ゴム加工会社がタイの豪雨洪水被災地を支援
・住友ゴム工業、宮崎工場が無災害記録750万時間達成
・横浜ゴムの平塚製造所、第7 回「生物多様性パネルディスカッション」をオンラインで開催
・横浜ゴムの従業員による「YOKOHAMA まごころ基金」が「日本骨髄バンク」に活動支援金を寄付
・横浜ゴム、みんカラ「PARTS OF THE YEAR 2020年間大賞」のタイヤ・ホイール エコ部門において上位3 位を独占
・TOYO TIRE、『OPEN COUNTRY R/T』がみんカラ「PARTSOF THE YEAR 2020年間大賞」タイヤ(SUV/4X4)部門で1 位を受賞
・日本ミシュランタイヤ、 みんカラ「PARTS OF THE YEAR2020年間大賞」タイヤ・ホイール2 部門で殿堂入りと年間大賞1 位を獲得

★新商品ハイライト
①ブリヂストン『DURAVIS R207』
②TOYO TIRE『OPEN COUNTRY R/T』、『OPEN COUNTRY M/T』サイズ追加

ブリヂストン、年末定例会見を開催
2020年の振り返りと2021年の展望に加え、サステナビリティビジネス構想も発表

住友ゴム工業、年末社長記者会見を開催
新企業理念体系「Our Philosophy」を制定し、経済的・社会的価値向上に取り組み、持続可能な社会の発展に貢献・・・・・・12

横浜ゴム、年末社長会見を開催
2021年に向け、『新中期経営計画』を策定し、目標達成に推進

TOYO TIRE、年末社長記者会見を開催
2021年は「新しいステージへシフトする年」として、力強く歩みを進める


【年頭所感】 日本自動車タイヤ協会:東 正浩会長

TOYO TIRE、セルビアの乗用車用タイヤ新工場の起工式を開催

日本自動車タイヤ協会、2021年自動車タイヤ国内需要見通しを発表



・ブリヂストン、CDPより最高評価の「気候変動Aリスト」企業に選定
・横浜ゴム、「CDP気候変動レポート2020」の最高評価Aリストに2年連続3回目の選定
・ミシュランとカナダのスタートアップ企業パイロウェーブが提携し、廃プラスチックの画期的リサイクル技術を工業化、タイヤ以外の産業も原材料を持続可能に
・ブリヂストン、タイヤの内圧を遠隔モニタリングするデジタルソリューションツール『Tirematics』を12月より国内で本格的に提供開始
・ブリヂストン、4社共同で「SDGsを実現するモビリティ技術のオープンイノベーション」社会連携講座を設置
・住友ゴム工業、「DUNLOP全国タイヤ安全点検」で25%の車両がタイヤ整備不良
・住友ゴム工業、京都大学と制振ダンパーの共同研究に着手
・住友ゴム工業、DUNLOP「エナセーブ NEXTⅢ」が『2020年“超”モノづくり部品大賞』日本力賞を受賞
・横浜ゴム、日本カーシェアリング協会へタイヤ寄贈

★新商品ハイライト
①ブリヂストン『BATTLAX SPORT TOURING T32
②TOYO TIRE『PROXES CL1 SUV』

新商品技術インタビュー
ブリヂストン『Playz PXⅡシリーズ』
「疲れにくい」という安全性能に加え、ウェット性能を強化

住友ゴム工業、第7回「京」を中核とするHPCIシステム利用研究課題成果報告会で研究成果を報告
「タイヤ用ゴム材料の大規模分子動力学シミュレーション」が優秀成果賞を受賞

日本ゴム工業会、第21回幹事会を開催
令和元年度会員企業の経営指数調査結果概要などを報告


・JSR、2021年3月期第2四半期決算発表
・日本ゼオン、2021年3月期第2四半期決算発表
・ブリヂストン、経営執行体制と人事制度を刷新
・ブリヂストン、2020年12月期第3四半期決算発表
・住友ゴム工業、2020年12月期第3四半期決算発表
・横浜ゴム、2020年12月期第3四半期決算発表
・TOYO TIRE、2020年12月期第3四半期決算発表
・ブリヂストン、南アフリカ・ポートエリザベス工場を閉鎖
・横浜ゴム、オフハイウェイタイヤ事業をグローバルで統合
・横浜ゴム、新城工場が「日本緑化センター会長奨励賞」を受賞
・ブリヂストン、熊本大学との共同研究により、EVバス専用タイヤを開発
・ブリヂストン、「中型自動運転バス実証実験」の事業者に選定された西日本鉄道をサポート
・ブリヂストン、付加価値創造と生産性向上を両立する新しい働き方の実現に向け、オフィス拠点を統合・再編
・住友ゴム工業、レベル4自動運転車のタイヤ空気圧をリモート監視するモニタリングシステムを構築~岐阜市にて公道実証実験を実施~
・横浜ゴム、“人とAIとの協奏”によるAI利活用を構想


★新商品ハイライト

スタッドレスタイヤ技術インタビュー
DUNLOP『WINTER MAXX 03』
「見てわかる」「乗ってわかる」を実現

住友ゴム工業/DUNLOP、『WINTER MAXX 03』体感試乗会を開催
こだわり抜いた「氷上性能」を体感

ブリヂストン、中長期事業戦略進捗説明会を開催
11月には『ブリヂストンイノベーションパーク』の最初の施設ブリヂストンイノベーションギャラリーがオープン

・ブリヂストングループ、「2020年度グッドデザイン賞」を2商品で受賞
・横浜ゴム、タイヤ5商品が2020年度グッドデザイン賞を受賞
・TOYO TIRE、2020年度グッドデザイン賞を同社製タイヤ3商品が同時受賞
・エイワ、ウィングCL121が「2020度グッドデザイン賞」を受賞
・ブリヂストン、フランス・ベチューン工場の閉鎖に向けた協議を開始
・ブリヂストン、カート用タイヤの供給を終了
・住友ゴム工業、タイヤ空気圧管理ソリューションサービスの実証実験を開始
・ブリヂストンと、ユーザー、ステークホルダー、社会をつなぐ新たな共感の場「Bridgestone Innovation Gallery」を11月より一般公開開始
・ブリヂストン、バス乗降のバリアフリー化に貢献する『PlusStop』のバリアレス縁石が福岡市のアイランドシティに導入
・住友ゴム工業、「京」を活用した「タイヤ用ゴム材料の大規模分子動力学シミュレーション」がHPCI利用研究課題優秀成果賞を受賞
・住友ゴム工業、ダンロップのフラッグシップ低燃費タイヤ『エナセーブ NEXTⅢ』が『第3回エコプロアワード』優秀賞を受賞
・住友ゴム工業、ドラえもんと一緒にセルフタイヤ点検が学べる特設サイトを公開
・横浜ゴム、オールシーズンタイヤキャッシュバックキャンペーンを実施
・TOYO TIRE、高校生アスリートたちに最後の晴れ舞台を提供、「卒業RECORD #ソツレコ」開催を応援
・JSRと統計数理研究所、共同研究部門を設置
・世界最大級のカスタムカーの祭典「TOKYO AUTO SALON 2021」、リアルとオンラインを組み合わせたハイブリッドイベントとして開催

★新商品ハイライト

TOYO TIRE、スタッドレスタイヤ新商品とオールシーズンタイヤの試乗会を開催

冬季路面で、その性能を体感

ブリヂストン、中長期事業戦略構想を発表
「タイヤ・ゴム事業の強みを活かしたソリューションカンパニー」へと進化

日本ミシュランタイヤ、スタッドレスタイヤ『MICHELIN X-ICE SNOW』の新商品発表会を開催
アイスブレーキング性能を9%、雪上ブレーキング性能を4%向上


・日本ゴム工業会、第20回幹事会を開催
・ブリヂストン、新ブランドメッセージを発表
・ブリヂストン、ブリヂストンタイヤジャパンをブリヂストンタイヤソリューションジャパンへ社名変更
・ブリヂストン、タイヤモニタリングシステムをマイクロソフト社と協働で開発
・ブリヂストン、Transense Technologies社のiTrackソリューション事業を買収
・ブリヂストン、環境性能と運動性能を両立するタイヤ技術『ENLITEN』がフォルクスワーゲンの電気自動車「ID.3」のタイヤに採用
・ブリヂストン、新・社内募金制度「BSmile募金」を設立し、寄付先団体の公募を開始
・ブリヂストン、2年連続でマツダより「取引成績優秀賞」を受賞
・ブリヂストン、指定管理事業へ参入
・住友ゴム工業、ダンロップがwithコロナの社会経済活動を 「#タイヤ安全点検しよう!」活動で安全・安心サポート
・住友ゴム工業、ダンロップ「VEURO VE304」が注目のカー用品として「用品大賞2020」グランプリを受賞
・TOYO TIRE、2020年度のタイヤ安全啓発活動を実施
・TOYO TIRE、ESG指数構成銘柄に採用
・横浜ゴム、「YOKOHAMAまごころ基金」が国際支援に取り組む「チャイルド・ファンド・ジャパン」を継続支援
・日本グッドイヤー、「GOODYEAR BETTER FUTUREキャンペーン」で知床財団に寄付を実施


★新商品ハイライト

2020年夏タイヤ各社ラインナップ
7社9ブランドの夏商戦――

日本自動車タイヤ協会、定時総会で新会長を選任
ブリヂストンの東正浩代表執行役副会長が新会長に

ミシュラン、2020 年 3 月 31 日期末第 1 四半期業績 を発表
社員の健康およびグループ事業における危機の影響軽減のため必要な対策を講じる


・ブリヂストン、JALとタイヤ摩耗予測技術を活用し航空機整備作業を効率化、新たな価値の共創へ
・ブリヂストン、安全・安心な車両運行を支える安全点検活動を強化
・JSR、東京大学大学院理学系研究科物理学専攻と包括連携を開始

・ブリヂストン、ESG投資の株価指数「Euronext Vigeo World 120 Index」の構成銘柄に2年連続で選定
・住友ゴム工業、2020年度DUNLOP・FALKENモータースポーツ活動計画を決定
・住友ゴム工業、延期になった『ニュル24時間』をFALKENが動画で盛り上げる
・コンチネンタルタイヤ、『SportContact 6』が、ドイツの有力自動車雑誌AutoBild Sportscarsとsport autoで最高評価を獲得
・横浜ゴムがパートナーを務める「チェルシーFC」の女子チームが英国トップリーグで優勝
・ブリヂストン、2020年もモータースポーツ活動を引き続きサポート
・ブリヂストン、トヨタ自動車より「技術開発賞」「原価改善 優秀賞」を受賞
・住友ゴム工業、「統合報告書2020」を発行
・住友ゴム工業、SDGs達成に向けた取り組みが評価され、「ポジティブ・インパクト・ファイナンス」をゴム製品業界で初めて締結
・TOYO TIRE、「2020年D1グランプリシリーズ」に参戦
・TOYO TIRE、「日本クラシック&エキサイティングカーラリー2020 舞洲-滋賀」をサポート
・日本ミシュランタイヤ、「SMILE FOOD PROJECT」を支援
・JSR、新型コロナウイルス感染症対策支援として医療関係機関へ医療用マスク等を寄贈

ランクセス、2019年度事業活動に関する説明会を開催
2020年度グローバルおよび日本国内での活動計画ならびに見通しも説明

ブリヂストン、7月1日付で、東正浩氏が新COOに就任
江藤彰洋取締役代表執行役COO兼社長は、代表執行役を退任

日本自動車タイヤ協会、全国のドライバー2000人を対象にタイヤの空気圧点検実態を実施
月1回チェックができているドライバーは24%

・日本自動車タイヤ協会、2019年廃タイヤ(使用済みタイヤ)リサイクル状況を発表
・ブリヂストン、2020年12月期第1四半期決算発表
・住友ゴム工業、2020年12月期第1四半期決算発表
・横浜ゴム、2020年12月期第1四半期決算発表
・TOYO TIRE、2020年12月期第1四半期決算発表
・JSR、2020年3月期決算発表
・日本ゼオン、令和2年3月期決算発表

・ブリヂストン欧州子会社が、独タイヤ関連サービスチェーン REIFF Reifen und Autotechnik GmbHを買収・ミシュランとエンバイロ社、使用済みタイヤを原材料に変えるテクノロジー開発に向け提携
・TOYO TIRE、マテリアルズ・インフォマティクス技術を用いたゴム材料基盤技術を進化
・TOYO TIRE、「JリーグeSports ONLINE」を特別協賛
・ブリヂストン、自社で生産する簡易マスクを生産拠点のある各地域に提供
・ブリヂストン、医療現場への防塵マスク等を提供
・住友ゴム工業、新型コロナウイルス感染症対策のため医療支援としてゴム手袋を提供
・TOYO TIRE、「Smile Food Project」を支援
・日本ミシュランタイヤ、ぐるなびと共同で運営する「ミシュランガイド掲載店のテイクアウト」を、クラブミシュランで無料公開
・住友ゴム工業、宮崎工場が「働きやすい職場『ひなたの極』」の認証取得

日本国内におけるオールシーズンタイヤの現状とこれから【YOKOHAMA】
『雪に強い』オールシーズンタイヤ

日本自動車タイヤ協会、自動車タイヤ統計を発表
2019年の生産実績は、本数ベースで1億4654万5000本

ミシュラン 、2019年12月31日期末 2019年度期末業績を発表
純利益は17億3,000万ユーロで、7,000万ユーロの増加


・横浜ゴム、タイ天然ゴム公社と持続可能な天然ゴム調達のための覚書を締結、天然ゴム農園の調査を実施
・横浜ゴム、2020年モータースポーツ活動計画を発表
・エイワ、LT&TBタイヤ作業の新スタンダードチェンジャー発売
・ミシュラン、新型コロナウイルス感染拡大抑制のため、欧州10拠点でマスク生産開始
・ブリヂストン、国内のマスク不足緩和を目的として、ブリヂストングループ内の事業活動で使用する簡易マスクを自社で生産
・住友ゴム工業、天然ゴムの臭いを大幅に抑えた「臭気低減天然ゴム」を開発
・住友ゴム工業、住友ゴムCSR基金 2020年度の助成を実施
・TOYO TIRE、JAOSと戦略的パートナーシップを締結
・ブリヂストン、「第17回ブリヂストンこどもエコ絵画コンクール」、約53,000点の応募作品から大賞5作品を含む入賞作品を発表

★新商品ハイライト★

東京モーターショー2019が開幕・12日間で、130万900人が来場

JSR、2020年3月期 第2四半期決算発表
エラストマー事業は、技術的に優位性を持つ製品のグローバルな拡販に注力

日本ゼオン、令和2年3月期 第2四半期決算発表
エラストマー素材事業、採算性の重視と生産・販売のグローバル展開に取り組む

日本自動車タイヤ協会、第51回東名高速道路浜名湖サービスエリアのタイヤ点検を実施
タイヤ整備不良に起因する自動車事故の未然防止を図る


ブリヂストン、2019年12月期 第3四半期決算発表
住友ゴム工業、2019年12月期 第3四半期決算発表
横浜ゴム、2019年12月期 第3四半期決算発表
TOYO TIRE、2019年12月期 第3四半期決算発表
ミシュラン、2019 年 9 月 30 日期末第1〜3四半期業績を発表


・ブリヂストン、タイの建設・鉱山車輌用タイヤ新工場の開所式を開催
・横浜ゴム、グループ会社の農業機械用タイヤが世界最大の農業機械展で銀賞受賞
・ミシュラン製プロトタイプタイヤ、世界初公開の三菱ふそう燃料電池小型トラック「VISION F-CELL」に装着
・横浜ゴム、ファンクラブ「ADVAN club」のLINEメンバー向けにプロのフォトグラファーによる写真の撮影講座を開催

★新商品ハイライト

ブリヂストン、東京大学、日本精工、ローム、東洋電機製造と共同で、「第3世代走行中ワイヤレス給電インホイールモータ」を開発
新開発の有機繊維ベルトで、エネルギーロスをなくす

住友ゴム工業、日立・PTCの協業による、AI・IoTを活用したタイヤ生産システム導入についての説明会を開催
2025年までに、国内外の全タイヤ製造工場に導入を予定

住友ゴム工業、ダンロップ全国タイヤ安全点検を開催 全国10会場で、693台を点検

住友ゴム工業、希少種「フジバカマ」の観察会を開催
CSR活動の一環として、絶滅危惧種、準絶滅危惧種の保全活動に取り組み、今後も活動を継続


・住友ゴム工業、タイヤの性能持続技術開発を加速させるAI技術『Tyre Leap AI Analysis』を確立
・TOYO TIRE、マレーシアのタイヤ工場新棟を竣工、稼働
・ブリヂストン、ゴムと樹脂を分子レベルで結び付けた世界初のポリマーの新名称が『SUSYM(サシム)』に決定
・ミシュラン、IFPEN、アクセンスが、バイオバタフライ・プロジェクトの新次元を開く


・ミシュラン、コンチネンタル、SMAGの3社、持続可能な天然ゴムのサプライチェーンを促進するスマートフォンアプリ開発に特化した合弁会社設立
・コンチネンタル、包括的な技術システム『Conti C.A.R.E.』を発表
・ブリヂストン、「第10回ブリヂストン グループ・グローバル TQM大会」を開催
・ミシュラン、国際デザイン・コンペティション 「2020 ミシュラン・チャレンジ・デザイン」のテーマを発表
・ブリヂストン、「2019 Bridgestone World Solar Challenge」出場の32チームに、低燃費タイヤ技術を搭載したソーラーカー用タイヤを供給
・ブリヂストン、世界最高峰のソーラーカーレース「Bridgestone World Solar Challenge」のタイトルスポンサー契約を更新 
・ブリヂストン、ESG投資の株価指数「STOXX Global ESG Leaders Index」の構成銘柄に初選定
・ブリヂストンの企業博物館でCASEやMaaSを見据えた「未来体験のデザイン」を展示
・ブリヂストン、タイヤ開発の知見と技術を活用したバス乗降性改善の取組みが、東京2020オリンピック・パラリンピック選手村のバス輸送のバリアフリー化に貢献
・バス停バリアレス縁石のシステム全体の名称が「PlusStop(プラスストップ)」に決定
・ブリヂストン、LGBTに関する取り組みを評価する「PRIDE指標」で2年連続「ゴールド」を受賞
・横浜ゴムのタイヤ3商品が2019年度グッドデザイン賞を受賞
・ブリヂストン、「エコピアの森 久留米」で久留米市共催の生物多様性イベントを実施
・横浜ゴム、「ひょうごパラスポーツフェスティバル」に出展
・横浜ゴム平塚製造所、体験型環境イベント「Think Ecoひらつか2019」を開催
・TOYO TIRE、仙台工場で「地域ふれあいフェア 2019」を開催

★新商品ハイライト

『月刊タイヤ』創刊50周年に寄せて
一般社団法人 日本自動車タイヤ協会 清水隆史会長

月刊タイヤ創刊50周年特別企画
住友ゴム工業株式会社 山本悟代表取締役社長インタビュー
「つながりを大切に総合力を上げ、応用力をもって市場変化に対応する」

ブリヂストン、第10回技能グランプリ全国大会と第5回生産財セールスマンコンテスト全国大会を開催

住友ゴム工業、第10回DTS全国トラックバスタイヤ作業コンテストを開催

横浜ゴム、第5回サービス技術コンテスト全国大会を実施

TOYO TIRE、第2回トラック・バス用タイヤ作業コンテストを開催

ブリヂストン、「2019ブリヂストンワールドソーラーチャレンジ」の国内出場チーム壮行会を開催

・ブリヂストン、JALが導入する最新旅客機「A350」に航空機用ラジアルタイヤを供給
・ブリヂストン、CO2排出量削減と省資源化に貢献するタイヤ軽量化の新技術『Enliten』を開発
・ブリヂストン、ウェブサイトでスタッドレスタイヤの摩耗状況を診断するサービスを開始
・ブリヂストン、スタッドレスタイヤの特許権侵害訴訟、中国でブリヂストンが勝訴
・JSR、強度・耐摩耗性・耐久性に優れる新規SBRを開発し販売開始
・横浜ゴムおよび「YOKOHAMAまごころ基金」が「令和元年8月豪雨災害」の被災地へ義援金を寄付
・TOYO TIRE、「秋のタイヤ安全啓発活動」を実施

★新商品ハイライト